工場で働くのに向いている性格3つ

無言でのモクモク作業が苦にならない

工場の仕事は種類が多く、肉体労働やピッキング、クリーンルーム内での作業などさまざまです。しかし多くの職種に共通しているのは、同じ作業を何時間も繰り返し続けることでしょう。レーンでの組み立て作業にしてもピッキングにしても、繰り返しが多い仕事です。覚える仕事内容も比較的少なく、器用な人だと入った日からベテランと同じくらい活躍できても不思議ではありません。単調な作業を繰り返すだけでは時間が経つのが遅く感じるという人には向いていないかもしれませんが、モクモク作業が好きな人には適しています。

また、誰とも話さずに何時間も作業に集中することが多い仕事のため、普段から無口な人の方が向いている仕事だといえます。

決まった作業を速く正確に行える

覚えることが少ないために、仕事に慣れるまでの時間もあまりかからない工場の仕事ですが、決してのんびりと作業していれば良いというわけではありません。仕事で収入を得るためには会社が利益を出すことが必要で、そのために作業員はスピードを重視する必要があります。働く時間が同じでも、より多くのモノを作れる人の方が会社にとっては貴重な人材です。レーンなどの流れ作業では、作業スピードが遅いと周囲についていけず、結果として全体に迷惑をかけることにもなりかねません。工場で働く上で、スピードは大事なスキルです。

また、スピードと同じく精度も大事です。速く作っても、欠陥品では商品になりません。間違った部品を発送してしまうと、損害賠償されるというケースもあります。速く正確に作業できる能力は、工場で働くための大きな武器だといえます。