工場での仕事に必要とされる資格は?

荷物を運ぶときに必要な特別教育関係の資格

荷物を運ぶときに必要な特別教育関係の資格には5トン未満のクレーンの運転、フォークリフト特別教育終了者などがあります。5トン未満のクレーンの運転は小さなクレーンを操縦するためのもので、高いところまで重たい荷物を運ぶために欠かせない資格の一つです。クレーンに関する基礎知識や運転方法を学べば、資格を取得することが出来るのが特徴です。

フォークリフト特別教育終了者は工場で荷物を運ぶときに重宝するもので、工場関係者の中でも人気の資格と言われています。フォークリフトの基礎知識や運転技術、法令などを学べば資格取得となります。どちらの資格も学歴などの細かな条件はなく、18歳以上なら誰でも資格に挑戦することが可能です。

工場を管理するときに必要な国家資格

工場の管理をするときに必要な国家資格には衛生管理者やエネルギー管理士などがあります。衛生管理者は工場の衛生管理や従業員の健康管理を行う人のことで、労働災害や健康障害など。防止する役割があるのです。50人以上が働く工場では必ず1人の衛生管理者を配置する義務があるので、就職をするときにも有利に働くと考えられています。取得するためには筆記試験の合格だけでなく、実務経験も求められます。大学や短大、高専卒業なら1年、高卒は3年、それ以外は10年の実務経験が必須です。

エネルギー管理士は工場内で使われるエネルギー量を管理して、国で定められているエネルギー消費量を超えないようにします。国の決まりを守るためだけでなくエネルギー消費量を抑えることが出来ればコスト削減にも繋がるので、工場側も積極的に資格取得者を受け入れているのです。専門の機関で講習を受けて、テストに合格すると資格が貰えます。